2017年02月23日

やったね!進研模試学年1位!@美濃校

Hさん「進研模試の結果、持ってきました」
そう言って、スマホの画面で模試の成績を見せてくれて、
得点や全国偏差値をざっと見て、
講師「英語がよくできてるやん、よかったね」
そんな声をかけながら、高校内順位に目を向けると…



「学年1位!!!」



講師「ほーっ、やったやん!」
Hさん「エヘ」
今回は、長文の内容をきちんととらえることができて、
そこで得点を稼げたことが良い結果につながったとの本人談。
1年かけて、単語帳1冊分のテストを受け続けてきたことも、
長文の内容理解に、きっと役に立っていると思います。
image1 (2) (240x320).jpg



「先生っ、これスゴくない!?」
もうひとりのHさんが見せてくれたのは、数学の得点。



「94点!全国偏差値78.0!」



講師「ス、スゲェ…」
なかなかお目にかかることのできない偏差値ですよ、これ。
もちろん学年1位ですし、
Hさんがずっと取りたい取りたいと言っていた、
総合学年1位もついに獲得!!!
image2 (2) (240x320).jpg
Hさんは、分からないところがあると、
講師のところにちゃんと持って来てくれます。
着実に実力をつけてくれています。



後期期末試験に向けて、
はずみがつきそうです!
posted by 開智塾講師 at 17:33| Comment(0) | 美濃校舎 高校部

2017年02月08日

やったね!岐阜大学合格!!@美濃校

またまたやってくれました!

今年の武義高3年生で、
岐阜大学合格が決まりました!



事前に電話での報告をもらっていましたが、
講師「Nさん、合格おめでとう!」
Nさん「ありがとうございます!」(ニンマリ)
講師「自分の番号見つけた時って、どんな気持ちやった?」
Nさん「信じられなくって…
    面接でちゃんと答えられなかったから、
    一般入試がんばらんとと思って、そのつもりで勉強してたから」
推薦入試は、あくまで受験機会のひとつととらえて、
次の試験に向けてきちんと準備を始めているところも、
しっかりしてるなぁって思います。


image1 (5).JPG
講師「今回、合格できた、勝因は何?」
Nさん「センターで、(得点が)取れたことかな」
Nさんは、センター試験では、
英語で173点といった高得点をたたき出し、
全体でも得点率75%ごえ(今年のボーダーは70%ほど)。

実は、センター試験もさることながら、
中1から6年間、ずっと開智塾に通ってくれて
高校の定期試験でも、ずっと高校トップクラスを維持してくれました。
高校の定期テストできちんと高得点を取るように勉強を続け、
そうして築いた土台をもとに、受験勉強につなげるという、
理想的な形だったように思います。



これから国公立前期試験を迎える仲間にも、
今、開智塾にいる後輩たちにも、希望を与えてくれます。
Nさん、合格してくれておめでとう!そして、ありがとう!
posted by 開智塾講師 at 14:05| Comment(0) | 美濃校舎 高校部

2017年02月02日

国公立大学に合格に向けて@美濃校

センター試験を終えて、
国公立大学の出願先も決定し、いよいよ二次試験です。



今年も武義高から、
国公立大学にチャレンジする生徒がいます。



Nさん「二次試験の形式が変わって、
    それより前の過去問ってやったほうがいいですか?」
講師「出題形式が大きく変わっているので、
   一番新しい形式にあわせたほうがいいね。
   別の大学だけどこの問題とか似てるから、
   これをやっていこう!」

image1 (4).JPG
講師「過去問やってみて、どうやった?」
Aさん「記号の問題がこれぐらいでしたが、
    見直したら、取らないといけない問題でした。
    あと、英作文で、どう書こうか悩みます…」
講師「この日本語が出てきたら、この表現で書く!
   ベースとなる例文を暗記するために、
   これ使って勉強していこう!」



ここまで勉強して力をつけてきたことを土台にして、
ひとりひとり違う志望大学に合格するために、
強化すべきことも、もちろん違ってきます。

この部分は、経験が頼りになります。
これまで、たくさんの成功例も失敗例も見てきた中から、
「きっとこれをやってもらうのがよいだろう」と
感じたものを推奨しています。

生徒もそれを信じてやってきてくれます。



前期試験の舞台で、
合格答案が作れるように指導していきます!


posted by 開智塾講師 at 18:21| Comment(0) | 美濃校舎 高校部