2015年11月11日

進研模試対策講座 問題的中!

開智塾 英語科 若原です。
高1,2の諸君、進研模試お疲れ様でした!(といっても1週間前ですが・・・)

すぐブログを書きたかったのですが、部活の関係で自宅解答になる子がいたので控えていました。


進研模試対策講座を開催していたのですが、高2の英語の問題・・・



今回対策講座でやった問題がずばり当たりました!!!



文法の前置詞を選ぶ問題です。
このネタバレを書いてしまうと後から受ける子が正しい成績を出せないと思い我慢していました。

前置詞の問題。

ワインを飲みながらという意味の『over a glass of wine』のoverを入れる問題です。

現役時代の私が模試で出てきてそんなん知るかよ!と思った問題。
いや〜、前置詞で『飲む、食べる』なんて動作を表してしまうなんて反則ですよ。
厳密に言えば動作を表すというよりはoverの持つ元のイメージからの派生なのですが・・・
この話は非常に長くなりそう、かつただひたすらにマニアックな話なのでやめますね。笑

前置詞は細かい用法まで含めれば、非常にたくさんあります。
でも基本はそれぞれ前置詞のイメージから大きく外れたものは少ないです。

たまに通常授業でも前置詞は絵を描いてイメージで覚えろシリーズ!と称して取り扱っています。

IMG_1843.JPG


過去問研究してきて、『前置詞の細かい用法が頻出なのに、なぜこれが出ていないんだ!』と思い、対策プリントを作成したので、見事的中でき良かったです。

高校2年生にもなると進研模試では、割と重箱のすみをつつくようなことも出てきます。
それに加えて英語って長文や文法どちらもすぐに点数に結びつく教科ではないので、出来るようになったという実感が持ちにくいのです。

文法問題でこれが出る!・・・と教わったものがすぐ後の模試で出て、『あ、これならできる!』というので少しでも『やっただけのことはあったな』とか『英語できるようになってきたな』という実感になればと思います。


また的中出来るように、過去問と格闘します。


さて、今月末は定期テストです。
また対策プリント作って取り上げていきます!
posted by 開智塾講師 at 14:11| Comment(2) | 開智塾 高校部英語科
この記事へのコメント
若原先生オススメのTOEICやTOEFLの参考書や勉強方法について教えてほしいです
Posted by レモン at 2016年08月20日 23:15
>>レモン様

コメントに気が付くのが遅くなってしまい申し訳ありません・・・

まず、単語や文法は自分の目指すレベル(たとえば600点)にあったものをいったん網羅する必要があると思います。

そのうえでTOEICやTOFELの対策、といいますかこの二つのテストの最大の壁は集中力が持つかだと感じています。
文章を読むにも、またリスニングをするにも一つ一つが長くて多い→集中力が切れちゃう。という図式です。

じゃあ何するの?というところですが、日頃から英語に慣れておくことかなぁと思います。
たとえば英語のニュースを聞くことを習慣にするとか…英字新聞を読むようにするとかです。

単純に慣れている言語ならば集中も持つだろうという発想です。

残念ながら楽に点数を取る方法はありません。これらのテストこそ積み重ねです。

Posted by at 2016年08月29日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。