2017年04月17日

新高1むけ親子塾

4月16日に、那加桜丘校・関校で
新高1生のみなさんとそのお父さま・お母さまを対象とした
親子塾を行いました。

DSC00763 (320x240).jpg

お父さま・お母さまにおかれましては、
お忙しいところ、おこしくださり、
本当にありがとうございました。

ご参加いただいたみなさんから、
「内容に満足」「説明が分かりやすい」と
お答えいだだきました。



さて、今回のテーマは、
「イマドキの大学受験戦略」

DSC00768 (320x240).jpg


わたしたち講師が高校生だったころから、時代が変わり、
大学受験環境もずいぶん変わってきました。
そうした大学受験の現状から考えられる
重要な大学受験戦略をお話しました。



この戦略は、
高校生活がスタートする今、塾にお通いいただいているからこそ
その取り組みをはじめることができる戦略です。



生徒のみなさんからは、

「国公立に行くメリットと、勉強の進め方がわかりました」

「これからどう勉強をがんばっていけばよいか見通しができた」

「1年生からコツコツ勉強しなければならないと思った」

大いにやる気になってくれています!



保護者のみなさまからは、

「今の時代の大学受験の流れがよくわかりました。
 塾で、すでに取り組みをして下さっているので助かるなと思いました」

「めざす大学に合格するために必要な、
 学校での順位の目安がわかりました」

「子供が、なぜ毎日塾に行くのかの意味が分かってよかったです。
 本人もそのことが分かってよかったと思います」

こちらがお伝えしたいことが伝わったように感じ、
うれしく思います!



さて、大切なのはここから。
生徒のみなさんは、この気持ちをきっかけに、
「行動」に移せるかどうか、
「第一歩」が踏み出せるかどうかです。
もちろん、その後押しをします!

さらに、
その歩みを続けていくことができるよう、
一緒に頑張りましょう!



posted by 開智塾講師 at 16:01| Comment(0) | 関校舎 高校部

2017年04月10日

いよいよ新学年のスタート!@関校

4/9は、春休み最終日。
(すでに、新学年が始まっている学校もありますが)
開校直後から、続々と、勉強しに来てくれました。



新中2のTくんは、
春期講習で先取り学習した数学の質問対応。

Tくん「せんせ〜、ここってどうしたらいい?」
講師「こういうときはね、…(手順を説明)。
   続けてここまで解いてみて。」
Tくん「できた!」
講師「よしっ!スムーズにできるようになってきたね!」
image1 (2).JPG




新高2のHさん。
英語が得意な彼女ですが、
春休み課題で、漢文に相当苦労したようです…

Hさん「先生、買ってきました!」
講師「おとついオススメしたのやね」

こういうの、いいですね。すぐに行動に移してくれるところ。



講師「いつからはじめる?」
Hさん「課題テスト終わった日。」

テストが終わったその日からはじめると言ってくれて、
ここもOK。



講師「んじゃ、いつやったか書き込む表をつけとくね。」

きっとこのテキストは、
2ヶ月後には、1周目が終わっているでしょう、
てか、終わらせるよう目を光らせます笑
image2 (2).JPG



続いて、新高2のRさん。
Rさん「せんせ〜、やばい〜」
全然やばそうに聞こえないのですが…



どうやら、春休みに化学基礎の予習が宿題となっていて、
ちゃんと予習をしたかどうかをテストされるようです。
Rさんは、一通り欄を埋めてきていて、
頑張った形跡が見られます。



講師「これはね、こんなゴロで覚えや〜」
Rさん「ヘヘッ」



笑ってくれたので、
たぶんこのゴロは頭にこびりついて離れないでしょう笑
範囲はカバーしたので、あとはなんとか覚えて、
テスト頑張れーって感じです。
image3 (1).JPG





楽しそうに勉強しているので、
よい新学年のスタートが切れそうな予感がします!


posted by 開智塾講師 at 16:14| Comment(0) | 関校舎 高校部

2017年04月03日

フレッシュな新1年生@関校

今日、校舎を開けてまもなく、

Rくん「せんせ〜、このまえのやつ〜」
講師「スタディサポート対策プリント、直してきた?」
Rくん「ひととおり直してきたけど、
    この面積のところ、もう一回聞きたい。」
講師「これはね…(考えかたを説明)…。
   じゃ、やってみよか?」



……………



image1.JPG



Rくん「これでどう?」
講師「OK!きちんとできたね!」



新高1向けに、高校からの春休み課題として、
「スタディサポート」という冊子が出され、
入学してすぐに(入学式前にやるところもありますが)
いきなり、テストがあります。



開智塾では、
この「スタディサポート」課題をスムーズに進めてもらうため、
プリント教材を使って、中学の総復習をしてもらい、
まちがえたところの直しを宿題にしています。



できているところと、そうでないところをはっきりさせて、
できていないところを、一つ一つできるようにしていくこと。
勉強って、これの積み重ねなのです。



ですから、このプリント教材の取り組みを通して、
「できなかったところに、正面から立ち向かって、
 それを克服して、できるようにするんだ!」という意識を
もたせてあげたいと考えています。



そうこうしているともうひとり、
この春から開智塾で勉強をがんばることを決めてくれた
同じく新高1のHくんが、
Hくん「これ何度やっても、ちがう数字になるんです…」
講師「これはできてるね。ここもいいね。
   うーん、ここのところ、どうやってる?
   これ計算のコツがあってね…」
Hくん「できました!」(ニコッ)
image2.JPG


今年の新1年生、
これからがとても楽しみです!!!


posted by 開智塾講師 at 15:03| Comment(0) | 関校舎 高校部