2017年09月01日

花火大会!@那加桜丘校

8月28日、授業の合間の時間に花火をしました! 

小中学生は駐車場に全員集合。自習していた高校生も集まって来ました。
花火は大きな段ボールにぎっしり、小さい線香花火から、これどうやって火をつけるのというものまで、いろいろあります。まずは手持ち花火をひとり10本持って開始です!

写真@.jpg
輪になって花火から花火へ火を移していく中1。たくさんあるのでどんどん火をつけましょう。

写真A.jpg
最初怖がっていた小学生も楽しんでいます。

写真B.jpg
後半になると、何本もまとめて火をつけている子も。中3も楽しんでいます。

写真C.jpg
写真D.jpg
最後は一列に並べた打ち上げ花火に塾長が火をつけていきます。となりの花火に次々に火が燃え移り、ドーンという音が響くたびに、歓声と悲鳴が…。「塾長、近づきすぎ、火がつきそう」という声も。

あっという間の時間でしたが、夏休み最後の楽しい思い出になりました!
(関校でできなくてごめんなさい。)

中学生は新学期がはじまるとすぐに前期期末テストです。夏休みに勉強した成果が発揮できるよう頑張りましょう!

posted by 開智塾講師 at 00:22| Comment(0) | 那加桜丘校舎 小中学部

2017年07月04日

高2の夏からはじめる受験勉強

7月2日に、高2生を対象とした親子塾を
関校・那加校にて、実施しました。



今回のテーマは、
「高2の夏からはじめる受験勉強」
DSC00821 (320x240).jpg


受験生とは、志望大学が決まっていて、
その大学に合格するために、
自分にとって必要な勉強をしている高校生のことであり、
高校3年生になったら受験生になるのではない!
高校2年生のみんなも今日から受験生になれる!!!
こんなお話をしました。



ここのところ複雑化している
大学受験のしくみや、入試制度の活用法、
いつまでにどうなっていれば順調なのか、
スケジュールと目安とあわせて、お話しました。
DSC00827 (320x240).jpg


おこしくださった
生徒のみなさん、おとうさま・おかあさまの全員から
「満足」「わかりやすい」との評価をいただきました。
どうもありがとうございました。
DSC00819 (320x240).jpg


親子塾が終わって、
Hさん「これから英語の問題集をやろうと思うんですが、
   どうやっていくといいですか?」
Yさん「先生が言ってた数学の問題集を買ってくるんで、
   買ってきたら、先生のところに持っていきます!」
Yくん「ぼくはどのレベルのことをやったらいいですか?
   教えてほしいです」
さっそく動き出してくれました!


この夏休みは、
大きく飛躍する夏休みにしよう!


posted by 開智塾講師 at 00:01| Comment(0) | 那加・桜丘校舎 高校部

2017年06月19日

前期中間の結果がスゴイ!!!@関校

関高校・武義高校も、前期中間テストが終了。
テスト結果が返ってきています。

これが、とんでもなくスゴイ!!!



「せんせ〜、100点とってきた↑」



そういって来てくれたのは、
高2のDくんとKくん。
数学Bのテストで見事に満点でした。
image4 (320x240).jpg

このほかRさんが100点!!
講師「テストやってるとき、満点やって思ってた?」
Rさん「心配なところは、
    何度やっても答えが同じだったし、
    大丈夫って思ってた!」
うん、頼もしい!



数学Uは、

関高2年Yさん 99点
 
関高2年Rさん 98点

関高2年Dくん 96点

関高2年Yくん 96点

関高2年Aさん 93点

関高2年Rくん 93点

関高2年Rさん 91点



数学Bは、

関高校2年Dくん 100点

関高校2年Kくん 100点

関高校2年Rさん 100点

関高校2年Yさん  96点

関高校2年Rくん  93点

関高校2年Yくん  93点

関高校2年Mさん  91点

関高校2年Aさん  90点

武義高校2年Hさん 95点

武義高校2年Yさん 94点

武義高校2年Jくん 92点

武義高校2年Sさん 90点



いやー、すばらしいっ!!!
高2の生徒の半数以上が、90点以上
をとってきてくれました!



高1も負けていません。

あらかじめ、数Tで100点とった生徒がいると聞いてたので、
授業の時に聞いてみると、やっぱりいました!
Rくんが100点満点!!!
image3 (320x244).jpg

英表が、

関高校1年Tくん 98点

関高校1年Hくん 91点

関高校1年Rくん 91点

関高校1年Kくん 90点

関高校1年Rくん 90点



C英が、

関高校1年Nさん 96点

関高校1年Tくん 96点

関高校1年Kくん 95点

関高校1年Rくん 92点

関高校1年Mさん 90点



数学Tが、

関高校1年Rくん 100点

関高校1年Tくん  99点

関高校1年Rさん  97点

関高校1年Mさん  94点

関高校1年Sくん  93点

関高校1年Yくん  93点

と、こちらも高得点が続出!



数学Aはというと…



関高校の学年平均が40点代(むむっ、キビシイなぁ…)
というテスト。そんななか、

関高校1年Rさん 95点 ← 学年1位

関高校1年Tくん 89点 ← 学年2位
 
関高校1年Sくん 83点 ← 学年3位

と、な、な、なんと
開智塾生が、トップ3!!!

image1 (320x238).jpg

image2 (320x244).jpg


スゲーーーーー!!!



普段の授業で、ムズカシイ問題をやってるからこそ、
テストが難しくなったときに、
しっかり得点できる力がついているんです。
ほんとよくがんばってきてくれました!


次の目標は、進研模試!
もちろん対策授業で、みっちり勉強してもらいます!!!


posted by 開智塾講師 at 18:45| Comment(0) | 関校舎 高校部

2017年06月11日

高1の前期中間テスト、高得点がゾクゾク!

多くの高校で、前期中間テストが終了しましたが、
岐高1年のYさんは、テスト前・テスト中と変わらず、
昼から自習室に勉強しに来ています。
自習室で勉強することが、習慣になっているんですよね。



講師「高校最初のテストだったけど、どうやった?」
Yさん「数Aが100点でした!」
講師「スゴイやん!よかったねー!」

心の中でガッツポーズ笑
自分が担当している科目で100点とってくれて、
生徒がよろこんでて、気分はサイコー!



講師「数Tは?」
Yさん「…100点です!」
講師「んっ、それめっちゃスゴくない?」



ダブルで100点満点!!!



高校の定期テストでもそうそうとれるものではありませんよ。
ちなみに、C英でも96点と高得点!



Yさんだけではありません。
今日、高1の生徒で聞いただけでも…



岐高Rさん C英 96点

岐高Yくん 数T 92点

北高Rくん 数A 94点

加納Aさん 英表 95点

加納Aさん 数A 98点

加納Jくん C英 92点

加納Jくん 数A 93点

加納Sさん 英表 94点

加納Sさん 数T 93点

加納Sさん 数A 97点

岐山Nさん 英表 91点



と、高得点が続出!
返却されていないテストもあり、
これからまだまだ高得点がでてきそうです!


posted by 開智塾講師 at 01:00| Comment(0) | 那加・桜丘校舎 高校部

2017年06月05日

質問解決団!@関校

6月4日は、高校生向けに
「質問解決団!」をおこないました。



関高校は、いよいよ今週の6月8日から
前期中間試験がはじまります。

定期試験は、とっても大切。
入試の土台がしっかりできているかをチェックする点でも、
また、推薦入試など、進路の選択肢を広げる点でも。




高1生にとって、高校最初の定期試験。
中学校と比べて、とにかく科目数が多いので、
部活が休みになる「テスト週間」に入ってから
テスト勉強を始めていては、ぜんぜん間にあいません。

それで、この「質問解決団!」までに、
学校の問題集を「事前に勉強して」きて、
わからないところを早期に見つけ、
そこを解消してもらうことがねらいです。
image5.JPG



また、普段の塾の授業では、英語と数学を勉強していますが、
どの科目でも、この時間に持ってきてもらって、
疑問を解消することができるのが
この「質問解決団!」のイイところ!
みんなに聞いてほしいことは、
ホワイトボードを使って、一斉解説もします。
image1.JPG


高1Yくん「最短経路の数え方ってどう解くんですか?」
講師「↑と→をならべればよくって、同じものを含む順列やね」

高1Sくん「整数解の個数の問題で、
      答えの不等式のどっちにイコールつけるの?」
講師「先におおざっぱにとらえて不等式を作って、
   あとからイコールのときだけ別に図に描けば…ほらっ!」

高1Yくん「さいころ3つって、樹形図描くのめんどくさい…」
講師「3つの数字の組合せを考えてから、ならべてごらん」

高2Mさん「そもそもmolってなんですか?」
講師「ああっ、それ簡単に言うとチョコレートの『ダース』!」

高2Yさん「ロケットの切り離しの問題ですぅ…」
講師「これ、相対速度ってのが難しいんやね…(冷や汗)。」

高2Mさん「共有結合とか、配位結合とか、水素結合とか、
      わけわからん…」
講師「まず、原子どうしの結合と、
   カタマリをつくる結合を区別しような!」

高2Kくん「分子の形がなぜそうなるのか、詳しく聞きたい!」
講師「電子対どうしが反発して、空間的に均等に配置されて…」

………

質問がとめどなくあふれてきます笑
しかも、「着眼点がなかなかいい!」って思う質問ばかり。



それぞれの質問の解説はもちろん、
どの生徒にも解けるようになってほしい問題は、
類題をみんなで解いてみようとよびかけると、
がんばって解いてくれます!



こちらは高1の様子。
image2.JPG


で、こちらは高2の様子。
image3.JPG


テストまで、1題でも多くとりくんで、
1点でも多く得点できるよう、
この1週間、めいっぱい勉強するゾ!!!



posted by 開智塾講師 at 17:58| Comment(0) | 関校舎 高校部